すべり止め

| 未分類 |

雪国では冬期間にスタッドレスタイヤを装着するのが常識となっていますが、普段雪の降らない地域では簡易的なすべり止めを装着することになります

。一時的な雪に対応するためにスタッドレスタイヤを購入するのは経済的ではありませんので、スノーチェーンを準備しておくことが良い方法です。

スノーチェーンもそれなりの価格はしますが、スタッドレスタイヤよりも長持ちしますので一時的な使用であれば経済になってくるのです。

 

スタッドレスには走行距離による寿命がありますが、購入後の年数によって性能が大きく変化してきます。

購入した直後はゴムの劣化が無いために安定した効きを見せますが、2シーズン目になるとゴムが固くなってしまうことから氷上性能が極端に落ちてきます。

3シーズン目にはゴムの油分が抜けてしまいますので、ほとんど使用していなくても劣化によって効きが悪くなってしまうのです。

 

スノーチェーンにも金属製のものとゴム製のものがありますが、基本的に切れなければ長い期間に渡り使用することが可能です。一時的に雪が降った場合の準備とすれば、高額なスタッドレスを購入するよりもスノーチェーンを購入した方が経済的なのです。

 

スノーチェーンでは走行性能が落ちますし、乗り心地の悪化や走行音が高くなるデメリットがありますので、自然に走りたい場合にはスタッドレスタイヤが最適なのです。