車間距離を十分とる

| 未分類 |

車間距離を十分とるということは、追突する危険性を削減することにつながります。では、どれくらい車間を空けるかという目安は、時速60キロメートルで走行している場合は、60-15で、45mの車間をとります。また、この距離の間隔は、時間にして2秒程度とされていますので、前方車と自車の距離を感覚で捕らえるときに利用すると便利です。また、高速道路などでは、車間を測定するラインが設けられていますので、測定してみるのも良い方法です。

 

 

しかし、いくら車間の距離をとったとしても、その距離で大丈夫かというと車の運転状況は、様々な状況が考えられますので、安全運転を心がける必要があります。また、大目に車間の距離をとっていると、間に割り込み車が入ってきますので、道路の状況に応じて判断する必要があると思われます。

 

 

そういった意味で、いくら車間の距離をとっていたとしても、運転状況が事故に直結するようなケースは、存在します。そのような場合は、安全に走行できる車線に移動して、余裕を持って運転することが安全運転につながるのではないでしょうか?。そして、なりよりもあわてない、せかないなど精神にゆとりと余裕を持って運転することが大切です。

}PgžxQ