急の付く動作はしない

| 未分類 |

21世紀に入ってから、冬になると首都圏であっても本格的に雪が積もることが珍しくなくなりました。

 

積雪に対しては、北日本と違い首都圏は相変わらず脆弱で、交通機関はすぐに麻痺してしまいます。

 

というのも首都圏の人々は雪になれていないため、スタッドレスタイヤやチェーンを用意していない上に、積雪時の運転にも慣れていないからです。

 

特に鉄道が遅延している時などに、無理して自動車で出勤しようとする人たちもいて、道路の渋滞は普段よりもさらに酷いものになっています。 そんな時に自動車を運転していると、予定や約束に遅れているために気持ちは焦り、ついつい無理した運転をしてしまいます。

 

気持ちが焦っているために急発進をしてスピードを上げて目的地に急ぎます。

 

でも積雪により路面は滑るため、普段のように停車できずに急ブレーキを踏んでしまいます。

 

ロックしたタイヤは路面を滑り、前方の車や障害物に衝突しそうになって急ハンドルを切ってしまいます。 その結果、対向車と衝突したり、横転したりなどして、重大な事故を引き起こしてしまいます。

積雪時においてやっかいなのは凍結した路面です。急ブレーキを踏んでタイヤをロックさせることがかえって自動車を止めれなくし、事故を引き起こしてしまいます。そんな時には、急ブレーキを踏むのではなく、ブレーキを踏んだり緩めたりを何度か繰り返すポンピングブレーキをすると、緩やかに車を停車させることができて、事故を防げるようになるのです。