自分の車の駆動方式の特性を知る

| 未分類 |

雪道運転の際に大切なのは、運転の仕方だけでなく自分の車の駆動方式を認識するということが重要になります。
タイヤ4本全てが駆動する車を4WDといい、すべてのタイヤがハンドルを切るのと同じ動きをするためしっかりと地面を噛むことから、雪道の運転には1番4WDが安定していると言われています。

 
また国産車に多いFF方式とはフロントエンジン、フロント駆動を表しています。
要するにタイヤ4本のうち前輪の2本が駆動していると言うことをさし、雪道の運転では問題がなく走ることができます。
前輪2本が状態の悪い道路でもしっかりと噛んでくれるため、雪道で制御不能になるという事はあまりありません。
スポーツタイプの車や、輸入車に多いFR方式はフロントエンジン、リア駆動を表しています。
後輪駆動の車を指し、雪道の運転にはあまり向いていないといえます。

 
後輪の2本が地面をしっかり噛んでくれるのですが、車の前側部分が安定せずハンドルがぶれてしまうなど制御不能になってしまうことがあり、よほど雪道運転に慣れている人でないと運転は難しいといえます。

 
もちろんどのタイプの車も雪道運転をする場合にはスタッドレスタイヤの装着もしくはチェーンを装着する必要があります。
自分の車の特性をしっかりと把握し、雪道運転にふさわしいタイヤを装着することが安全に雪道を走行するには不可欠なことになります。