» 未分類のブログ記事

自分の車の駆動方式の特性を知る

| 未分類 |

雪道運転の際に大切なのは、運転の仕方だけでなく自分の車の駆動方式を認識するということが重要になります。
タイヤ4本全てが駆動する車を4WDといい、すべてのタイヤがハンドルを切るのと同じ動きをするためしっかりと地面を噛むことから、雪道の運転には1番4WDが安定していると言われています。

 
また国産車に多いFF方式とはフロントエンジン、フロント駆動を表しています。
要するにタイヤ4本のうち前輪の2本が駆動していると言うことをさし、雪道の運転では問題がなく走ることができます。
前輪2本が状態の悪い道路でもしっかりと噛んでくれるため、雪道で制御不能になるという事はあまりありません。
スポーツタイプの車や、輸入車に多いFR方式はフロントエンジン、リア駆動を表しています。
後輪駆動の車を指し、雪道の運転にはあまり向いていないといえます。

 
後輪の2本が地面をしっかり噛んでくれるのですが、車の前側部分が安定せずハンドルがぶれてしまうなど制御不能になってしまうことがあり、よほど雪道運転に慣れている人でないと運転は難しいといえます。

 
もちろんどのタイプの車も雪道運転をする場合にはスタッドレスタイヤの装着もしくはチェーンを装着する必要があります。
自分の車の特性をしっかりと把握し、雪道運転にふさわしいタイヤを装着することが安全に雪道を走行するには不可欠なことになります。

ABSは付いていると安心

| 未分類 |

シニア10

 

首都圏で雪が降ったときに注意しなければならないことは、沢山あります。
基本になりますがまずは車間距離を十分にとるということです。
車間距離を十分に取ることで前方の道の状況を確認しやすいという事と、万が一ブレーキを踏んだ際に滑っても車間距離を取っていればぶつかる可能性は格段と下がります。
二つ目に急ブレーキ、急発進、急ハンドルはしないという事です。
そして上り坂のある道は極力避けて通るという事も重要です。
スタッドレスやチェーンを巻いたからといって上り坂のある場所にいってしまうと自分は大丈夫でもほかの車が雪道の対策をせずに走っていると思わぬ事故に巻き込まれる可能性がある為です。
そしてもう一つ注意してほしいのが普通の道は解けていても橋などの道は解けにくいという事です。
橋に入った際はスピードを十分に落として細心の注意を払って運転することが重要です。
橋以外の道も解けていない場合もあるので前方の道の状況をよく判断して走ることもとても重要な事です。

 

そして最後に車の性能面での話になりますがABS装着車を乗るという事です。
今時の車にはほとんど装着されていると思います。
ブレーキを踏んでタイヤがロックされてしまうことがなくなるので万が一滑ってしまってもハンドル操作で追突を免れることができます。
以上が首都圏で雪が降った際の注意点です。

雪道の上り坂はなるべく避ける

| 未分類 |

普段から雪道に慣れ親しんでいる雪国では積雪路面の上り坂でも気にせず走ることが可能ですが、普段雪が降らない首都圏で降雪があった場合には上り坂は避けることが大切です。

 

渋滞の少ない雪国では坂道の途中で止まることはほとんどありませんが、渋滞の多い首都圏では坂道で止まってしまうとタイヤがスリップして登れなくなってしまいます。

 

雪国でも坂道では停止せずに一気に登ることが常識となっていますので、特に渋滞の多い首都圏では雪が降ったら坂道には近づかないことが大切なのです。

 

坂道を登れないことが上り坂を避ける理由のように感じられますが、坂道を登ればその先には下り坂が待っているのです。

首都圏でも四輪駆動車であれば坂道を上ることが可能ですが、スタッドレスタイヤを装着していない場合には下り坂の方が危険性が高くなるのです。

スタッドレスタイヤを装着していない状態で下り坂を走ると、減速することも止まることもできなくなりますので非常に危険なのです。

 

最近では雪国以外でも四輪駆動車を購入する人が増えていますが、四輪駆動車であれば進むことは可能ですが、止まることに関しては駆動方式に関係なく滑るものは滑りますので、首都圏で雪が降った場合には上り坂は避けた方が良いのです。

急の付く動作はしない

| 未分類 |

21世紀に入ってから、冬になると首都圏であっても本格的に雪が積もることが珍しくなくなりました。

 

積雪に対しては、北日本と違い首都圏は相変わらず脆弱で、交通機関はすぐに麻痺してしまいます。

 

というのも首都圏の人々は雪になれていないため、スタッドレスタイヤやチェーンを用意していない上に、積雪時の運転にも慣れていないからです。

 

特に鉄道が遅延している時などに、無理して自動車で出勤しようとする人たちもいて、道路の渋滞は普段よりもさらに酷いものになっています。 そんな時に自動車を運転していると、予定や約束に遅れているために気持ちは焦り、ついつい無理した運転をしてしまいます。

 

気持ちが焦っているために急発進をしてスピードを上げて目的地に急ぎます。

 

でも積雪により路面は滑るため、普段のように停車できずに急ブレーキを踏んでしまいます。

 

ロックしたタイヤは路面を滑り、前方の車や障害物に衝突しそうになって急ハンドルを切ってしまいます。 その結果、対向車と衝突したり、横転したりなどして、重大な事故を引き起こしてしまいます。

積雪時においてやっかいなのは凍結した路面です。急ブレーキを踏んでタイヤをロックさせることがかえって自動車を止めれなくし、事故を引き起こしてしまいます。そんな時には、急ブレーキを踏むのではなく、ブレーキを踏んだり緩めたりを何度か繰り返すポンピングブレーキをすると、緩やかに車を停車させることができて、事故を防げるようになるのです。

車間距離を十分とる

| 未分類 |

車間距離を十分とるということは、追突する危険性を削減することにつながります。では、どれくらい車間を空けるかという目安は、時速60キロメートルで走行している場合は、60-15で、45mの車間をとります。また、この距離の間隔は、時間にして2秒程度とされていますので、前方車と自車の距離を感覚で捕らえるときに利用すると便利です。また、高速道路などでは、車間を測定するラインが設けられていますので、測定してみるのも良い方法です。

 

 

しかし、いくら車間の距離をとったとしても、その距離で大丈夫かというと車の運転状況は、様々な状況が考えられますので、安全運転を心がける必要があります。また、大目に車間の距離をとっていると、間に割り込み車が入ってきますので、道路の状況に応じて判断する必要があると思われます。

 

 

そういった意味で、いくら車間の距離をとっていたとしても、運転状況が事故に直結するようなケースは、存在します。そのような場合は、安全に走行できる車線に移動して、余裕を持って運転することが安全運転につながるのではないでしょうか?。そして、なりよりもあわてない、せかないなど精神にゆとりと余裕を持って運転することが大切です。

}PgžxQ

首都圏で雪が降った時の注意

| 未分類 |

首都圏の方は、北国出身の方を除いて、雪道での自動車の運転に慣れていない方が多いため、いざ運転しようとすると恐ろしい目に合うことが度々あります。貰い事故を防ぐためにも、また、自損事故や自分が原因の事故を防ぐためにも、運転する際には注意することがいくつかあります。その一つは、むやみにフットブレーキをかけないことです。どうしてもいつもの習慣から、止まるときにはフットブレーキを使いたくなりますが、それでは逆に止まらずに滑っていくことが多いのです。エンジンブレーキを使って、90%以上停止するように心がけます。特に、最近流行のハイブリッド車を含むオートマチック車はエンジンブレーキがかかりにくいので、セカンド、場合によってはローギアまでギアを落として止まるようにします。

 
また、滑ることは当然のこととして運転しましょう。それでも路面の状態如何によっては、思っていたよりも停止距離が長くなる場合もありますので、車間距離を通常の2倍以上とるようにします。特に首都圏は自動車の数が多いので、後ろから追突されたときに玉突き事故の防止にもなります。そして、道路に轍ができている場合には、迷わずに轍の上を走るようにしましょう。

金属チェーンの装着

| 未分類 |

ここ数年、異常気象が日本を襲っています。ゲリラ豪雨や竜巻の発生、夏季の気温の上昇といったものの他に、首都圏など、普段雪が降らない地域での積雪などです。

 
雪に慣れていないこうした地域でも、積雪によって生活に様々な影響を与えられています。
歩行者の転倒による怪我や、電車など公共交通機関のダイヤの大幅な乱れなど、都市部の持つ機能がかなりダメージを受けます。また、交通機関で特に影響が大きいのが、自家用車や商用車など、自動車の運行です。積雪により、交通の混乱と、大事故を引き起こす危険性が非常に高くなります。
普段から雪の降る、北日本などの地域では、自動車にはなんらかの雪対策がとられています。}PgžxQ

 
その大半は、スタッドレスタイヤの使用です。これは雪国で自動車を使用するには必須のものですが、首都圏など、雪と縁遠い地域では、所有している人はほとんどいません。

 
こうした場合、金属チェーンの装着が最も効果的です。ノーマルタイヤでも装着が可能で、また手軽に取り外しができるため、急な積雪にもすぐ対応できるのが大きなメリットです。また、携行性も良く、トランクなどに入れたままにしておいても邪魔になることはありません。
将来的に、全国どの地域でも積雪の可能性が無いわけではなくなった昨今、転ばぬ先の杖で、車に携行しておくことは、心強い備えとなります。

すべり止め

| 未分類 |

雪国では冬期間にスタッドレスタイヤを装着するのが常識となっていますが、普段雪の降らない地域では簡易的なすべり止めを装着することになります

。一時的な雪に対応するためにスタッドレスタイヤを購入するのは経済的ではありませんので、スノーチェーンを準備しておくことが良い方法です。

スノーチェーンもそれなりの価格はしますが、スタッドレスタイヤよりも長持ちしますので一時的な使用であれば経済になってくるのです。

 

スタッドレスには走行距離による寿命がありますが、購入後の年数によって性能が大きく変化してきます。

購入した直後はゴムの劣化が無いために安定した効きを見せますが、2シーズン目になるとゴムが固くなってしまうことから氷上性能が極端に落ちてきます。

3シーズン目にはゴムの油分が抜けてしまいますので、ほとんど使用していなくても劣化によって効きが悪くなってしまうのです。

 

スノーチェーンにも金属製のものとゴム製のものがありますが、基本的に切れなければ長い期間に渡り使用することが可能です。一時的に雪が降った場合の準備とすれば、高額なスタッドレスを購入するよりもスノーチェーンを購入した方が経済的なのです。

 

スノーチェーンでは走行性能が落ちますし、乗り心地の悪化や走行音が高くなるデメリットがありますので、自然に走りたい場合にはスタッドレスタイヤが最適なのです。

雪が降った時の準備

| 未分類 |

まず最初の準備は、タイヤ交換です。夏タイヤからスタッドレスタイヤに交換します。北国ではよく冬にはいたスタッドレスタイヤのまま、はきつぶすために夏も使用する人もいますが、これはあまりお勧めできません。スタッドレスタイヤは雨でスリップしやすくなります。やはり、きちっと夏と冬と分けてタイヤは使うべきです。また、寒くなれば道路がブラックアイスバーンになっている可能性があります。早目の交換がベターです。
短期間の冬道であれば、チェーンを常備しておきましょう。購入したら、事前に一度取り付けの練習をしておくといいかもしれません。
次はワイパーです。強いフレームに厚みのあるゴムのワイパーであれば、重い雪でも大丈夫です。夏用ワイパーだと、視界不良になってしまいます。合わせて、ウォッシャー液も寒冷地用のものを使いましょう。
そして、バッテリーのチェックは必須です。寒さでバッテリーが上がってしまった、というのはよく聞く話です。気温が低いと多くの電力が必要となります。長年使ったものなら新品に交換するのが間違いありません。
また、スノーブラシも車に載せておきましょう。あると便利です。
塩化カルシウムを撒くような地域を長い距離を走る場合、金属が錆びないように事前に塩コーティングなどの対処をしておきましょう。マメな洗車でも大丈夫です。
準備を怠らず、冬に備えましょう。