雪が積もった道路を走るのは誰しもが嫌だなと思っているのではないでしょうか。
雪があまり降らない地域に、住んでいる人は元より雪国に住んでいる人も雪の積もった道を走る怖さを知っているだけに、
雪のシーズンが来るたびに憂鬱な気分になるのではないでしょうか。
しかし、憂鬱と言っても運転しないわけには行かないこともあります、そこで大事なのが雪道での走り方です。

まず、雪の積もった路面を走る上で一番大切なことが急のつく動作をしないことです。
急加速、急ブレーキ、急ハンドルなどこれらの動作をしてしまうと、雪上路面では簡単にスリップしてしまい、
車のコントロールを取れなくなってしまいます。雪上路面で一番恐ろしいのは車のコントロールが、}PgžxQ
利かなくなってしまうことなので、車のコントロールを取れなくなってしまうこのような動作はご法度なのです。

そして、次に大事なことが当たり前のことですがスピードを出しすぎないことです。
どのように気をつけていたとしても、急加速を除いて急ブレーキ、急ハンドルを取らなければならない状況は、
出てきます。その時、スピードが出ていれば車は完全にコントロールを失ってしまい、重大な事故に繋がりかねません。

たったこのふたつの走り方をするだけで、怖い雪の積もった道でも、安全に走ることはできるのです。